出会い系サイトの評価ポイントは食事にいけるかどうか

出会い系サイトをどう評価するかというのは、人それぞれです。そもそもどれだけの優良な出会い系サイトであっても、ユーザー全員が出会えるというわけではありません。

そのため、出会い系サイトの評価は基本的に賛否両論といった感じになります。ただ、優良な出会い系サイトであれば他の人の評価がどうであれ、使ってみるに越したことはありません。

というよりも、他の人の評価を気にするよりも自分自身の目でその出会い系サイトを評価していくべきなのです。その上でポイントになってくるのが食事に行けるかどうかという部分です。

ここでは、出会い系サイトの評価ポイントとしての「食事に行けるかどうか」ということについてお話ししていきたいと思います。

食事にいけるかどうかが大きなポイントに

先でもお話ししましたように、出会い系サイトというのは自分自身の目で評価をしていくべきです。世間的に絶賛されているようなグルメが自分的にはイマイチ……ということがあるように、出会い系サイトにおいても相性といったものがあります。

使い勝手やユーザーの数などいろいろとチェックするところはあるものの、出会い系サイトを評価するのであればその出会い系サイトを利用していて気になる相手と食事に行けるかどうかをひとつのポイントとして考えておくといいでしょう。というのも、出会い系サイトにおいては実際に会えるかどうかが重要になってくるからです。

出会い系サイトにおいてメールやメッセージなどでのやり取りをするのは言ってしまえば、当たり前のことです。極端な言い方をすれば、メールやメッセージなどのやり取りは誰にでもできるものです。

ただ、メールやメッセージなどでのやり取りで終わってしまうのであれば、それは一般的なSNSと一緒です。出会い系サイトを利用している意味がありません。

出会い系サイトというのは出会うために利用するものなのですから、やはり実際に会うというところまで行かないと意味がないのです。実際に会ってからが本当の意味でのスタートラインとも言えるかもしれません。

ただ、会うといってもいきなり「会いましょう」といっても相手は警戒してしまうでしょう。そこで食事を口実にして、会うのです。

いきなり「会いましょう」と言うのと「今度食事でもどうですか?」と言うのとでは、印象がまったく違ってきます。「食事なら……」と思う方がほとんどでしょう。

実際にメールやメッセージなどでのやり取りが盛り上がっていれば、相手は相手で会ってみたいとは思っているものです。ただ、そのきっかけがないと踏み出せないのです。

そのきっかけとなってくれるのが食事なのです。メールやメッセージなどでのやり取りが盛り上がり、実際に食事に行けるということであればそのままその出会い系サイトを使い続けていいでしょう。

食事といってもお茶をするレベルでOK

出会い系サイトに限ったことではないのですが、そもそも異性との交流がほとんどないような人生を送ってきたという方もいるかもしれません。異性との交流があってもうまくいかずに、異性を避けてきたという方もいるでしょう。

そういった方にとって、食事というだけでもハードルが高く感じられるかもしれません。ただ、食事といってもいきなり初対面の相手と高級レストランに行くというわけではないのです。

むしろ、高級レストランではなく、もっと気軽に行けるようなところでいいのです。それこそちょっとお茶をするのにカフェへ行くという程度でOKです。

男性としては見栄を張りたい部分もあって、高級レストランに連れて行きたいと思うようなこともあるかもしれません。しかしながら、初対面の相手との高級レストランというのはありがたくないですし、何よりもいきなり高級レストランという部分に気持ちの重さを感じてしまうかもしれないのです。

初めての食事というのは、言ってしまえばお互いに様子見の部分もあるのです。高級レストランでみっちり時間を過ごすのではなく、ちょっとカフェでお茶をして解散くらいの気軽さのほうがちょうどいいのです。

食事に誘う際には、相手から見てその誘いのハードルが低いかどうかを意識することも大切です。相手に「行ってみてもいいかな」と思わせることが大切なので、「今度そっちのほうに行く予定があるのでちょっとお茶でもどうですか?」といった気軽にOKできるような提案をしていきましょう。

自分にとっても相手にとってもハードルの高い提案というのは、NGです。

まずは食事に行くことをひとつの目標に

先でもお話ししましたが、出会い系サイトでメールやメッセージなどでのやり取りをするのは誰でもできることです。もちろん、それまでろくに相手にしてもらえなかったという方であればメールやメッセージなどでのやり取りが盛り上がると感動するかもしれませんが、そこで終わってしまってはいけません。

出会い系サイトは、実際に会うために使うものです。ただサイトを通してのメールやメッセージなどでのやり取りを楽しみたいのであれば一般的なSNSで十分です。

出会い系サイトがきっかけの交流であっても、そこから関係が発展するかどうかというのは実際に会ってからにかかっています。だからこそ、会うことでようやくスタートラインに立てるのです。

そこで必要になってくるのが食事という口実、きっかけです。メールやメッセージなどでのやり取りが盛り上がって、初デートを考えるようになったら食事を理由に誘い出します。

食事というのは出会い系サイトを評価するポイントとなると同時に、その出会いをつかめるかどうかがかかっている重要なポイントでもあります。だからこそ、出会い系サイトを利用する以上は、最初のこの食事をひとつの目標にしていきましょう。

食事に行けるかどうかは自分次第

悪質な出会い系サイトであればユーザーはほぼサクラでしょうから、どれだけ頑張っても食事には行けないでしょう。しかしながら、優良な出会い系サイトであれば食事に行くことは決して難しくありません。

ただ、優良な出会い系サイトであってもそのアプローチの仕方を間違ってしまえばいつまで経っても食事には行けないでしょう。食事に行けるかどうかというのは、自分次第という部分もあるのです。

例えば、気になる相手を見つけたからといって「今日暇?会わない?」といったメールやメッセージなどを送ってしまえば、もうそこで終わりです。相手からは警戒されてしまうでしょうし、下手すればブロックされてしまうかもしれません。

食事というのは確かにひとつの目標ではあるのですが、いきなりその結果を求めてはいけません。出会い系サイトであってもメールやメッセージなどでのやり取りを通して、信頼というものを積み重ねていく必要があるのです。

丁寧な言葉遣いで挨拶や自己紹介をした上で、相手の興味のありそうな話題を振るといった形でやり取りをおこなっていけば、相手も警戒心を解いてくれるでしょう。相手に盛り上げてもらうのではなく、自分がメールやメッセージなどでのやり取りを盛り上げるような意識も大切です。

こういった積み重ねがあって、「じゃあ、今度お茶でもどうですか?」という誘いに相手がOKしてくれるのです。気になる相手と食事に行けるかどうかというのは自分次第でもあるということを忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です